夜眠くならないのには原因や理由がある?

セロトアルファはパニック障害にも効く?

 

 

セロトアルファ パニック障害

 

 

セロトアルファには
体をすっきりさせたり、
寝つきがよくなる成分が

 

ふんだんに含まれている
サプリメントなのですが

 

 

パニック障害にも有効だと
言われています。

 

なぜパニック障害にも
有効だと言えるのか
わかりやすくまとめました。

 

 

 

なぜパニック障害にも有効?

 

 

まずなぜパニック障害がある人が
呼吸困難になったり、動悸などが
起きることがあります。

 

 

この原因というのは

 

 

不安

 

 

からパニック障害の症状が
出やすいとされています。

 

 

つまり不安になりにくいような
体の体質を変えてしまうことで
パニック障害の症状が抑えられる
ということになるんですね。

 

 

ではこの不安。

 

 

 

不安ってなによ?と
思わるかもしれませんが

 

 

 

不安は生み出している神経があります。
それの名前はノルアドレナリン神経といいます。

 

 

この不安だしまっせ神経が過敏に
働きすぎているんですね。

 

なので
「セロトニンを摂取することで症状を緩和する」
ということが可能になるんですね。

 

 

 

 

 

ではなぜセロトニンが配合されている
セロトアルファを飲むことで
その不安だしまっせ神経が抑えることが
可能になるのはもう少し深ぼりしていきます。

 

 

 

 

セロトニンがパニック障害に効く理由

 

 

パニック障害の人は先程もいった
不安だしまっせ神経(ノルアドレナリン神経)の
コントロールがかなりしにくい状態の人です。

 

 

 

パニック障害の人は24時間不安でいるという
わけではないと思います。

 

いきなり不安になったり動悸が起こったりするはずです。

 

 

 

この症状がでているときがまさに
ノルアドレナリン神経が活発に
動いているということなんです。

 

 

 

じゃあこれを
「ノルアドレナリン神経、収まれ!」
なんて心で唱えたところで
収まるわけありません。

 

 

そこで登場するのが
セロトアルファに沢山配合されている
「セロトニン」の出番なんです。

 

 

 

セロトニンが多いとようはこの神経を
抑える力が備わるということです。

 

なのでセロトアルファを摂取し続けることで
定期的にセロトニンが常時体に入るので
不安になりやすくなったときに、ストッパーとして
頑張ってくれます。

 

 

パニック障害の人にも効果があると言われているのには
以上のことが理由となっています。